可哀想な赤ちゃんの汗疹。原因を知って対策をとってあげて!

スポンサーリンク

f:id:yawato9614:20160829231644j:plain

つるつるスベスベ柔らかなの赤ちゃん肌。
それは生まれて来て数年のうちだけの特権です。
いくら大人が頑張っても赤ちゃん肌には絶対になれません。
しかし、そんな天使のような肌を持つ赤ちゃんに汗疹が出来てしまったらどうしますか?

ボクの子供も汗っかきで、よく汗疹が出来て痒くて夜眠れず可哀想な思いをさせていました。

今日はその時に調べた汗疹対策について書きたいと思います。

汗疹になる原因と対策方法は意外と簡単なので、知らない方は是非実践してあげてください。

赤ちゃんを守ってあげられるのはパパとママだけなんですから。

 

 

赤ちゃんの汗疹の原因

赤ちゃんの汗疹ほど、見ていて可哀想なものはありません。
せっかく真っ白でスベスベな肌が、真っ赤になったり、ぶつぶつが出来て痛そうだからです。
しかし、その汗疹の原因を知れば、実は簡単に汗疹は治してあげられるのです。

汗疹が出来やすい季節は”夏”です。
それは、汗疹の原因が汗にあるからです。
夏は汗をかきやすいですよね。
赤ちゃんの肌はとっても敏感で、薄くて繊細です。
そんな赤ちゃんの肌に長時間汗がたまっていると、雑菌が増殖して汗疹になってしまうのです。

 

赤ちゃんの汗疹の出来やすい場所は、おしり、首の下、背中の3箇所。

おしりはオムツでムレたり、ギャザー部分に汗がたまって汗疹になりやすくなります。

そしてほっぺがぷくぷくで、顔と首が一緒になっているような赤ちゃんは首の下に汗疹が出来やすいです。
夏はこまめに首の下の汗を拭き取ってあげなければ、すぐに赤ちゃん達は汗疹になって痒がりますから注意しましょう。

 

最後に背中ですが、寝返りの出来ない赤ちゃんは、仰向けに寝ていると体制を変える事が出来ません。
そして背中に汗をかいた状態でそのまま寝ていると、気がついた時には汗疹になってしまっていたなんて事があります。

 

また、汗疹の予防に有効なのはベビーパウダーです。身体の余分な汗を吸い取ってくれるだけでなく、適度に乾燥させてくれるので湿気によるムレを防いでくれます。

赤ちゃんが汗疹になってしまったら

赤ちゃんの汗疹はおおよその場合清潔な環境を作ってあげれば治ります。
汗疹は痒いので、「掻いてしまうと酷くなる」と分からない赤ちゃんは掻いてしまいます。
まずはしっかりと汗を流します。

赤ちゃん用の石鹸でも、微量でも化学薬品が入っているものもありますから、牛乳石鹸などの無添加の石鹸でしっかりと洗ってあげましょう。

石鹸を流すお湯はぬるめのお湯にしましょう。

お風呂に入れると体がポカポカとして、汗疹を余計に痒がったりする事もありますからシャワーがオススメです。

 

そしてタオルで水分を充分に拭き取ります。

ベビーパウダーは余計な水分を取ってくれる為、汗をかきやすい場所に予防として使う分には有効ですが、既にあせもや掻き傷になっている箇所に使うと悪化する恐れがある為、肌の状態などに合わせて使うようにしてください。

あまりにひどい汗疹の場合は皮膚科へ受診するといいでしょう。

 

赤ちゃんの汗疹対策

赤ちゃんは大人に比べて体温が高いので汗もかきやすいです。
ですから、私達が少しでも暑いと感じる時には赤ちゃんたちはとっても暑いと思いましょう。

赤ちゃんは大人の3倍汗をかくので、汗をかいていると思えない場合でも、気温が高い時やよく動いている時はウェットティッシュで首周りや体などを拭いてあげ、肌を清潔に保つようにしましょう。

 

また、プールに入れたり、シャワーを浴びせたりするのも有効です。

そして体温を下げてあげると汗が出るのを抑えられます。
その後は汗を吸い取ってくれる通気性のいい洋服を着せましょう。

もちろん、室温は赤ちゃんが快適に過ごせる室温を保ってあげるといいですね。

ちなみに、汗疹は夏だけではありません。
ママの間違った判断によって、赤ちゃんに厚着をさせてしまい寒い冬でも汗をかく赤ちゃんが多いのです。

その為汗疹が出来てしまいます。

冬の室温は暖かく保った部屋が多いですから、「寒いだろう」という考えで服を着せていると汗疹の原因となります。

赤ちゃんの服装は大人よりも1枚少ないのが基本です。
これは通年通して同じです。

ですから、大人とおなじ感覚で赤ちゃんに服を着せないよう気をつけてあげましょう。

 

さいごに

赤ちゃんの汗疹はとっても可哀想です。
出来るだけ早く治してあげたいし、汗疹が出来ないように注意してあげたいですよね。
実は簡単に汗疹対策は出来るので、ママ達はしっかりと対策してあげてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました