大事な赤ちゃんを守る為に!妊娠中に葉酸サプリが必要な7つの理由

スポンサーリンク

f:id:yawato9614:20160831021636j:plain

最近「葉酸」が妊娠中に不可欠な栄養素として注目されています。
でも、一般的には認知されておらず「あまりよく知らない」とか「あまり意識したことない」という人も少なくないのではないでしょうか。

ボクも奥さんが妊娠して始めて調べたので、ふつうは知らないで当たり前なんだと思います。
葉酸の摂取不足は、神経管閉鎖障害の発症リスクの可能性に繋がります。

 

今回は葉酸の必要性について紹介します!

これから産まれて来る子供の為にも妊婦さんや妊娠予定がある女性には是非知って欲しいです。

葉酸って何?

葉酸はビタミンB群の水溶性ビタミンです。主に造血に作用します。

赤ちゃんの細胞分裂や成長、DNAの形成に必要な栄養素で、妊娠中だけでなく妊娠前からの摂取を厚生労働省も推奨しています。

緑黄色野菜、果物などの身近な食品に多く含まれますが、
体内で蓄積することが出来ないので、毎日摂取することが必要です。

葉酸は妊娠中、お腹の赤ちゃんと妊婦を栄養不足や病気から守ってるくれる心強い味方です。
お母さんの心血管系疾患、貧血などの疾患を防止し、赤ちゃんの発育を助け、赤ちゃんに栄養を送る血液をつくります。
母子ともに健康な状態を保ってくれるのです。
流産、死産、妊娠中毒症、子宮内胎児発育遅延などは葉酸の欠乏が原因とされることが多く、
先進約10カ国で葉酸を食品やサプリメントから摂取することを勧めています。
重ねてになりますが、葉酸は胎児が正常に細胞分裂を行う為に必須な栄養分なのです。

 

f:id:yawato9614:20160831022428j:plain

妊娠中の摂取量は通常の倍の量1日0.4mg(400μg)とされています。
意識的に取り入れなければ難しい量です。
水溶性ビタミンの葉酸は加熱すると食品に含まれる葉酸の50%近くが流失してしまいます。
食品に含まれる葉酸の約半分しか体内に取り込まれない葉酸は、普通の食事では不足してしまいがちです。

主に葉酸が含まれている食品としてほうれん草、ブロッコリー、レバー等がありますが、これらを毎日一定量食べ続ける事って実際難しいですよね。

90%以上の妊婦が摂取不足だと言われています。
また、必要量以外は尿として毎日排出されてしまうので、継続的に摂取しなくてはいけません。
厚生省は2000年から妊婦可能な女性全てに葉酸を摂取するよう呼びかけ、
2002年からは母子手帳にも葉酸に関する記述が記載されるようになりました。
それくらい、重要性があるのです。

 

妊娠中に葉酸が必要な7つの理由

先天性異常を予防する

葉酸を十分に摂取することにより、脳や神経の先天性異常である二分脊椎、無脳症、神経管閉鎖障害のリスクを軽減する働きがあります。
お腹の赤ちゃんの神経管閉鎖障害の約70%が予防できるといわれます。

貧血防止

妊娠中は貧血になりやすく、葉酸が不足すると貧血が生じます。葉酸は赤血球を造り、貧血を予防する働きがあります。

流産を防止する働きがある

葉酸は子宮内膜を厚くする働きがあります。これは、妊娠初期の流産予防に大きな効果があります。

子どもの自閉症リスクの低下に効果がある

つわり軽減に効果がある

免疫力を高める効果がある

母乳の出をよくする

授乳期では母乳が良質となって出も良くする働きがあると言われます。
これは、結果的には赤ちゃんの健康をサポートします。

f:id:yawato9614:20160831022637j:plain

葉酸の摂取時期

妊娠する1ヶ月前から葉酸を摂取することが理想とされています。
胎児の神経管閉鎖のタイミングからすると、妊娠してから、又は妊娠の疑いを持って産婦人科の外来に訪れてからでは遅いと考えられています。
妊娠を計画している場合、よりリスクを軽減させるためにも、妊娠の1か月以上前から妊娠3か月までの間の時期は葉酸を摂取することが必要です。
胎児の神経管の形成期に、母体が十分な葉酸を摂取することが大事なのです。

 

葉酸の摂取はサプリメントが一番効率が良い

食品に含まれている葉酸は前述した通り加熱で50%が失われてしまいます。

それを踏まえた上で厚生労働省が推奨する1日0.4mgを摂取するにはどれくらい食べないといけないか分かりますか?0.4と聞くと少しで良いように感じますが、実は違うんです。

f:id:yawato9614:20160831023416p:plain

ほうれん草なら6束、ブロッコリーだと8房、ピーマンだと36個という途方もない量になってしまうんです。

 

サプリメントであれば葉酸だけでなく、鉄・カルシウム・ミネラル(銅、亜鉛、モリブデン、ヨウ素)、ビタミン

といった赤ちゃんに必要な栄養素をまとめて取る事ができます。

貧血の改善などの効果も期待できる為。

 

・妊活中の方

・妊娠中の方

・産後・授乳中の方

 

と幅広い方々の使用に適しています。

一番よくないのは、手間がかかり過ぎて続かなくなり摂取しなくなる事です。

 

さいごに

葉酸を充分摂ることで、妊婦の身体を守ることができますし、赤ちゃんの発育をスムーズにサポートすることができます。
お母さんの健康な身体と、赤ちゃんの成長の為にも、サプリメントで良いので葉酸を積極的に摂取し毎日続けることが大切です。

 

こういう部分は楽をして良いんです。まずは赤ちゃんの為にも続けられる方法で摂取してみて下さい。

大事ななお腹の赤ちゃんを少しでもリスクから守りましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました